スマートホーム

スマートホームとは?暮らしを快適にするオススメアイテム入門まとめ

おるか
おるか
スマートホームって何ができるの?

これからどうなるの?に答えます。

近未来のアイテムやサービスを連想する言葉「スマート」

スマートフォンにはじまり、

スマートウォッチ・スマートインターチェンジなど

近代的なモノやサービスにスマートを使うことが多いです。

 

スマートとは?

 

今まで障害になっていた物や動作をテクノロジーの力で障害をなくし、

利便性を上げた新しい仕組みや商品に使われることが多いです。

スマートホームとは

家の中で自分らしい生活を送るために必要不可欠なのが電化製品です。

今までの電化製品は単独で動いていました。

家の中の電化製品をインターネットや無線に接続してスマホや音声でコントロールできるシステムのことを言います。

 

スマートホームでできること

スマートホームは家にある家電をインターネットに繋げることで成り立っています。

ネットに繋げることができる家電をスマート家電といいますね。

エアコンを遠隔操作

リモコンで操作しなくてもスマホからエアコンの操作が可能になったり、

室内で声を掛けるだけで電源をいれたり温度の管理ができるようになります。

また、温度センサーを搭載していれば一定の温度を超えたらエアコンをonにするという自動管理もできちゃいます。

 

照明の管理

電球の中にwi-fiに接続できる部品が埋めこまれていて、

スマホから照明の明るさや色調を調節することができます。

スマートリモコンを使えば、人が部屋にいる間だけ照明をonにしたり、

時間帯によって色調を変更することだってできます。

 

鍵をロック

Qrio Lock(https://manoma.jp/product/)

鍵ではなく、指紋・スマホ・ICカードを使ってドアの鍵を開けることができます。

鍵を取り出したり、無くしたりする不便さから解放してくれます。

 

在宅状況の管理

Qrio Smart Tag(https://manoma.jp/product/)

開閉を感知するセンサーの状況を窓や扉に取り付けることで、

自宅や遠く離れて暮らす親族の状況を確認することができます。

SONYが提供するQrio Smart Tagはキーホルダーに付けれるサイズで在宅状況の確認をスマホですることができます。

 

声をかけるだけで家電をコントロール

amazon alexa(https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5364343051)

google HOMEやAmazonアレクサは音声で家電やネットと繋がることができるアイテムです。

スキルという拡張アプリを入れることで、自分好みの機能をカスタマイズできるのも特徴です。例えば、

  • Yahooニュースを読み上げ
  • 今月の電気使用量の確認
  • 銀行口座の確認
  • 環境音楽を聞く

日本語のアプリだけで400を越え、今後さらに新しいサービスが続々誕生しています。

新たな問題

電化製品をネットに繋げたことで起こるリスクはネットの脅威に晒されるということです。

つまり、ハッキングです。

おるか
おるか
見知らぬ第三者の人に機器を操作されたり個人情報が盗まれる可能性が出てくるということだね!

残念なことに、現在発売されているスマート家電のセキュテリィの取り組みや、認証シール等はないのが現状です。

利用者にとって、スマート家電に組み込まれたセキュリティが十分なレベルになっているかを確認するのは困難ということになります。

個人できるセキュリティ対策として、

  • パスワード付きの製品を買う
  • 最新のwi-fiルータに買い替える
  • 大手メーカーの信頼できる機器を利用する

現時点では、スマートホーム家電がサイバー犯罪等で悪用された事例は多くはありません。

絶対にハッキングに合わないとは言えないので、ハッキングにあったとしても影響が少ないものから始めてみると良いです。

 

まずは何から?

まずは簡単に始められる1万円以下のアイテムで

今使っている電化製品をスマート家電にするのがオススメの方法です。

3,000円ほどでスマート家電を始められますよ。

TP-Link スマートプラグ

価格は2,300円程

ON-OFF操作だけの単純な電化製品なら

今まで使っている電化製品はそのままにコンセントをスマートコンセントにすることで

コントールができるようになります。

例えば、扇風機・照明・ケトル

座ったまま扇風機をつけることができます。

また、家に帰ってすぐにお湯を使ってカップ麺やコーヒーが

飲みたいときにスマホからお湯を沸かすことができます。

 

Nature Remo mini

価格は6,000円前後

リモコンの信号をまとめて記憶して、スマホや自動で家電を操作することができるアイテムです。

最近の家電なら機種を選択、登録することで使うことができます。

昔の数年前、数十年前のリモコンであっても、Remo miniにリモコンを向ければ、

その信号を記憶してくれるのでリモコン操作のものはほぼ登録が可能です。

例えば、外出先からエアコン起動して設定温度を変えることができます。

さらに、温度センサーを内臓しているので、気温が上がったらエアコンを自動でつけることもできます。屋内にペットを飼っているなら、出先の心配が1つ減りますね。

 

アレクサ

価格は5,980円

アレクサは、Amazonが売り出している音声AIアシスタントです。

アレクサとスマート家電対応の機器を連携させることで、話しかけるだけで家電を操作が可能になります。

また、アレクサはインターネット内のシステムにも繋がっているため、

Amazonで買い物をしたり、音楽を流したり、天気予報を調べることも可能になります。

 

 

 

Amazonがもっとお得になる

アマゾンでお買い物をする機会が多い人には、Amazonギフト券にするとお得です。
現金でチャージすると、チャージ金額×最大2.5%分のポイントがもらえます。

オルカ
オルカ
今なら、5,000円以上チャージすると1,000ポイントがもらえるキャンペーンをやってます!!

こんな記事もおすすめ