ブログのブログ

気楽さと万能性を考えたらイワタニのジュニアコンパクトバーナーが1番オススメな理由

アウトドアをした時のお楽しみといえば、

大自然の中で食事をすること。

オルカ
オルカ
大自然の中で食べるものって特別美味しく感じるよね〜!

 

ガスバーナーを持っていくと食事のジャンルも楽しみも広がります。

今回はオルカが愛用しているイワタニのジュニアコンパクトバーナーを紹介します。

 

初めて買ったガスバーナーがジュニアコンパクトバーナーでしたが、

6年が経った今でも使えています。

ガスバーナーの特徴と、イワタニのジュニアコンパクトバーナーにした理由と使い勝手をレビューします。

 

決め手はガス缶

メーカーとか形とか色々あるけど、まず初めに決めないといけないのが、ガス缶の種類

ガス缶の種類は2つに分かれます。

  1. OD缶
  2. CB缶

OD缶

アウトドアで使うからOD缶(Out Door缶)。

形とガス液に特徴があります。

茶碗をひっくり返したように底が大きめの円筒型になってます。

地面が安定しない屋外でも安定して置けるようになっているわけです。

もう一つ特徴があります。ガスの種類です。

この後説明する家庭向けのCB缶に比べて気化しやすいガスが多く入ってます。

こうすることで、気温の低い高山や冬場でも安定してガスが燃えるようになっています。

 

CB缶

冬場の鍋で定番のカセットコンロに使うガスボンベです。

横に固定して使うことを想定しているため、缶そのものには安定感はありません。

コンロ用だけにコロンと….

ボンベの比較

利便性

CB缶は家庭で使うことを想定しているので、スーパーでもコンビニでもどこでも扱っています。

OD缶はアウトドア専用のボンベなので、販売店が限られます。

夏場はホームセンターでの取り扱いもありますが、アウトドア専門店での入手が確実です。

 

機能性

OD缶はアウトドアでの使用を想定しているだけあって、機能面はCB缶を上回ります。

小型から大型までサイズが豊富。

大きさと重さが快適さに直結するアウトドアでは、用途に合わせたサイズ選びが重要です。

例えば小さめのリュックで出かけてお湯を1、2回沸かすだけなら

出来るだけ小型のボンベが便利です。

逆に自然の中で何泊もするようなタフな環境下では出来るだけたくさんのガスを持っておく方が安心です。

シチュエーションに合わせてガス缶の容量を変えられるのがOD缶の利点です。

 

価格に2.6倍の差が出るよ

価格はかなり差がでます!

例えばプリムスの250gのOD缶の場合450円。

イワタニの250gのCB缶の場合170円。

価格差は2.6倍にもなります。

OD缶の方が容器がしっかりしているし、火力が落ちにくいガスが入っているので、

高い理由もわかります。

あとは使う人次第。

 

個人的な意見

使っていて思ったのは、夏場のアウトドアならCB缶もOD缶も性能は変わらん!

安いCB缶で十分ってのが個人的な意見です♪

森林限界や北国大好きという人なら違いがわかるのかも。

ガスバーナー選び

長々とガス缶について語ってしまいました!

ガス缶の特徴を知ったらガスバーナー選びです。

山も海も川も行くので、どこのガスバーナーにしようかめちゃくちゃ迷いましたよ!

迷った中でイワタニのジュニアコンパクトバーナーを選んだ理由はこれ。

  • どこでも買えるカセットボンベが使える
  • なんでも焼ける・温められる安定感
  • 長く使える耐久性

イワタニジュニアコンパクトバーナーをオススメする理由

ガス交換のタイミング

ガス缶で1番厄介なのが微妙にガスが残っているときどうするかです。

あと一回分はあるけど、その後どこまでもつかわからない時はガス缶を2つ持って行く必要があります。

そんな時、カセットボンベだと、家で鍋するときにでも使おー、

ってことで割り切って新品だけを持っていけるところがいいです。

また、コンビニでもスーパーでもどこでも安く買えるのが便利。

安定する大きなスタンド

コンパクトさが求められる登山では、できるだけ小さいガススタンドの方が嵩張らないのですが、

組み立てた時に小さいとホッヘルを乗せた時に安定せず、

貴重な食事を溢す可能性が大きいです。

なので、スタンドやバーナーが分解できるガスバーナーはおすすめしません。

イワタニのジュニアコンパクトバーナーはスタンドが大きいので、

ホッヘルの他にフライパンなんかも置いて調理ができます。

火力も文句無し!

足も3点+ボンベの接地面で固定出来るので安定感も抜群です。

ただスペースは取るので置く場所は選ばないといけない。

ガス缶が冷えると火力が落ちる問題

火を使っているのに、缶はどんどん冷たくなるのがガス缶の特徴です。

冷たくなると、ガスが気化しにくくなるので

火力が落ちてしまうのが心配なところですが、

ジュニアコンパクトバーナーは火力の低下をほとんど感じません。

というのも、火力調整のツマミをマックスにしなくても十分強いので

ガス缶にかける負担が少ないためだと思います。

※イワタニのジュニアコンパクトランタンはいつも火力マックスで使うのでこちらは火力の低下をまざまざと感じてしまいます。

冬場にガスバーナーを使った事がないのでどうなるか心配ってときは、

低温対応のカセットボンベあるのでそれを使うのもアリです。

耐久性もある!さすがイワタニ

使っているときに、味噌汁だのコーヒーだのいろいろ吹きこぼしましたが、

問題なく使って6年が経ちました。

特に点火プラグは壊れやすいと言われますが、今でもしっかり使えてます。

さすがガスメーカーの製品といったところです!

愛用しているイワタニのジュニアコンパクトバーナーを紹介しました。

店頭に置いてあることが少ない上に、ネットでの流通量も少ないので、

あまり値引きされていないのがちょっと残念なところ。

使ってみれば便利さはピカイチなのでアウトドアではメインのガスバーナーとして

活躍してくれること間違いなしのアイテムです!

Amazonがもっとお得になる

アマゾンでお買い物をする機会が多い人には、Amazonギフト券にするとお得です。
現金でチャージすると、チャージ金額×最大2.5%分のポイントがもらえます。

オルカ
オルカ
今なら、5,000円以上チャージすると1,000ポイントがもらえるキャンペーンをやってます!!

こんな記事もおすすめ