ブログのブログ

Google MAPで自分と相手の現在位置を共有する方法

待ち時間は短い方がいい

待ち時間はスマホをいじってるから気にならない!

うん、その気持ちもよ~くわかる

問題は逆の立場

人と待ち合わせで自分が遅れる立場だったり、

友達が遠くで道に迷ってしまった時にも助けることができる機能がGoogle MAPにあるんです。

 

Google MAPのアプリに元からある機能で、

位置情報を誰かと共有することができます。

共有する方法はとても簡単です。

共有する方法

Google MAPを開きます

 

検索の左横のをタップ

 

 

 

「現在地の共有」をタップ

 

 

 

「使ってみる」をタップ

 

共有時間の設定

ボタンとボタンを押すと共有する時間を設定することができます。

最大で3日間まで位置情報を共有することができます。

 

位置情報を送る方法を決めます。

「ユーザーを選択」にするとgmailを登録している相手にメールを送ることができます。

ここでは、最もユーザーが多いLINEでの送り方を紹介します。

先ほどの画面で「もっと見る」をタップ

 

 

アプリが表示されるので「LINE」を選択

 

 

友達を選択すると共有用のアドレスが相手に送られます

 

相手側のLINEにはこんな通知が届きます。

 

 

「OPEN」を選択すると相手側の共有完了です。

 

 

共有されたGoogle MAPの画面

相手の位置が大きな青い丸で表示されます。

自分の位置と方向も表示されます。

下には相手との距離も表示されます。

Google MAPのメリット

6回画面をタップすれば相手に自分の位置を共有することができます。

Google MAPのメリットは自分の位置をリアルタイムで表示してくれるところです。

つまり移動してる速度と方向も直感的に相手に共有することができるんです。

こんな場面に使える

  1. 天気が悪い日や暑いなんかは近くに来るまではどこか他の場所で待機してもらったり
  2. 相手が道に詳しかったら電話で案内してもらったり
  3. 子供のお出掛けが心配の時は、位置情報を共有させてからスマホを渡したり
  4. 友達と早く会えるように向かってる方向に来てもらったり
  5. 相手に共有を押してもらってドッキリをしかけたり

状況に応じていろんな使い方ができます。

バッテリーの減りはナビと同じくらい

相手に自分の位置情報をリアルタイムで送る分電池の消耗が早くなります。

感覚的にGoogle MAPのナビ機能使っているのと同じくらい。

事が済んだら早めに共有をoffにしましょう。

Amazonがもっとお得になる

アマゾンでお買い物をする機会が多い人には、Amazonギフト券にするとお得です。
現金でチャージすると、チャージ金額×最大2.5%分のポイントがもらえます。

オルカ
オルカ
今なら、5,000円以上チャージすると1,000ポイントがもらえるキャンペーンをやってます!!

こんな記事もおすすめ