ブログのブログ

google Mapに説明付きの位置情報を埋め込む方法。コピペでできて一番楽な方法

ネット上でお店や位置を詳しく紹介したい時に

ぜひ使って欲しい機能がGoogle Mapを使った位置表示です。

2通りのGoogle Mapを使った位置表示方法

このサイトの中で前回google Mapを自分のサイトに埋め込む方法を紹介しました。

google Map上に自分でコメントを乗せて公開できます。

Google mapのピンを埋め込む方法:My mapを綺麗に共有できるカスタマイズ方法解説自分が行った場所をわかりやすく紹介するために便利なのがGoogle mapの機能を活用した「ピン表示」です。 この地図をうまく使い...

この使い方は、1つのgoogle Map上に複数の場所を表示させたい時や、そもそもグーグルマップ内で検索してもヒットしない知名度の低い場所を表示させたい時に便利な方法です。

しかし、この方法には問題があります。

それは、作成に時間がかかる。

1つの埋め込み地図を作るのに慣れてきてテキパキ作業しても5分はかかってしまうのです。

 

すでにgoogleに場所が認識されていて、その場所を一件のみ表示する場合は、前の記事のような手間をかけることなく簡単に表示させる方法が他にあります。

今回説明する方法と、前回の方法についてメリット・デメリットをまとめると、

今回の簡単な方法

  • 簡単に埋め込める(作業時間1,2分)
  • 説明吹き出しが付く
  • 一件のみの紹介

前回の方法(マイマップ公開を一般公開する方法)

  • カスタマイズできる(ピンの色・形から説明文まで)
  • 複数表示ができる
  • 手間がかかる(作業時間5分〜20分)

Google Map上に1件のみを表示させる簡単な方法

例えば、「品川アクアパーク」をサイト上に埋め込んで紹介したとします。

まずGoogle Map上の「品川アクアパーク」を検索するか自力で探してピンを立ます。

すると、画面左側にサイドバーが現れます。

共有を選択。

地図を埋め込むを選択

埋め込む際の地図のサイズを選択できます。

実際の地図サイズ

「小」サイズ

「中」サイズ

 

「大」サイズ

地図のサイズ選び

地図のサイズ選びは重要です。

 

埋め込んだ地図が表示された時に、パソコンでサイトを見た場合でも、スマホで見た場合でもページ上のスクロールがGoogle Map内のスクロールに切り替わってしまい表示したかった場所がわからなくなってしまうことがあります。

こうなると、説明したい位置が地図上から消えるだけでなく、見にきた人が思うように読み進められない不親切なサイト構成になります。

そんなスクロールのトラブルを無くすため私がよく使うサイズは「小」「中」です。

サイズ「大」を使わないだけでこのトラブルはかなり防げます。

まとめ

以上、Google Mapに1件の位置情報を表示させて、自分のサイトに埋め込む方法を解説しました。

地図を埋め込む位置は、記事の最後が最も効果的です。

記事の内容からその場所に行きたいと思った人は記事を読み終えてから、その場所を検索しますから。

Google mapのピンを埋め込む方法:My mapを綺麗に共有できるカスタマイズ方法解説自分が行った場所をわかりやすく紹介するために便利なのがGoogle mapの機能を活用した「ピン表示」です。 この地図をうまく使い...
Amazonがもっとお得になる

アマゾンでお買い物をする機会が多い人には、Amazonギフト券にするとお得です。
現金でチャージすると、チャージ金額×最大2.5%分のポイントがもらえます。

オルカ
オルカ
今なら、5,000円以上チャージすると1,000ポイントがもらえるキャンペーンをやってます!!

こんな記事もおすすめ