ブログのブログ

アウトドア好きにピンと来た!昭島アウトドアヴィレッジのおすすめアイテム

アウトドア大好きのオルカです。

東京都新宿から富士山が見える方向に電車で40分ほど行ったところに昭島駅があります。

昭島駅から徒歩10分くらいの場所に、
自然をテーマにした
昭島アウトドアヴィレッジがあります。

今回は昭島アウトドアヴィレッジでピンと来た

お気に入りアイテムを紹介していきます。

どこでも持ち歩けるマッチ[ストームマッチ]

フィルムケースなんて最近見なくなりましたね。

フィルムケースって手頃なサイズで小物入れにちょうど良かったですよね

あのフィルムケースにマッチを収納したアイテムという雰囲気

 

マッチって湿気りやすいし、
マッチ箱は脆いのでいざ使おうとすると散乱していたりと扱いが面倒でした。

マッチをコンパクトなケースに入れるだけで
湿気らないし、使いたいときにササっと取り出せる便利なアイテムになります

 

ワイヤーカッター

キシリトールって聞いたことありますよね?
実は白樺の樹液に含まれる成分なんです。

白樺の樹液は甘くてサッパリした味わいなんだとか!

ワイヤーカッターを使えば簡単に木に切り込みを入れることができます。

白樺の樹液を採取したり、

漆の樹液を採取してDIYで使ったり….

新しい楽しみ方が広がりますね。

ひととおりのアウトドアを楽しんだ方にオススメのアイテム

 

濡れないドライザック

日本生まれの登山靴メーカーのキャラバンのお店で見つけたのが、

ドライザックという高性能な袋

アウトドアで不快に感じてしまうのが濡れや漏れと言った水が関係する問題です。

人間が快適に過ごすためには水をコントロールする必要があります。

ドライザックは水を通さないという機能を持ってます。

濡れてはいけないスマホやカメラを収納すれば外からの水をシャットアウトできます。

軽く握っただけでは中の空気が抜けないくらいしっかりした布

また逆の使い方もできます。
濡れてしまった服を入れて、カバンに閉まっても水が滲み出る心配がありませんね。

EVENT製なら1,000~1,500円でドライザックを購入できます。

 

今治スラブ

オルカのお家でも今治のタオルを使っています。
肌触りが良いのはもちろんのこと、水気をしっかり吸います。

いちばん感動したのが、臭くならないこと!

長く使っても起毛がへたらなし、嫌な生乾きの臭いが全くない

今治スラブも今治タオルの機能を持ち合わせたら最強ですね。

色とりどりのスラブ 手にとって触り心地をチェックできます

寒い朝はマフラとして使えるし、
日が差してきたら顔に巻いて日除けとして、

バーベキューをするときはタオルとして

ハイキングの時には冷水に浸して首元に巻くなんてことも

考えただけでアウトドアが快適に過ごせそう

 

コールマン

アメリカ発祥のアウトドアブランド
ロゴマークにもあるとおり、当初はガソリンランプを製造していました。

今でも定評があるのは、やはり火を使ったアイテムです。

パックアウェイグリルII

七輪を思わせる小ぶりのコンロ

小ぶりなのに更にコンパクトにすることができるのが1番の特徴

片手で上下を握れば折りたたむことができます。


深皿程度のサイズ感なので、皿と一緒に収納できる。

 

火力が調整できるコンロ[クール スパイダー]

コンロの横についた赤いレバーを上下させるだけで火と網までの高さを調整できます。

4人用の大きなコンロなのに火力調整レバーは軽快で、片手でレバーの操作ができます。

 

テントやチェアーもお試しできる

テントやチェアーも実際に試しながら吟味できるのが嬉しい。

チェアーがたくさんありすぎてお尻が2個欲しい!

 

カバンコーナーも充実してます。

手の届かないくらいの高さまでコールマンのカバンがズラリ

 

KEEN

パタゴニアのコーナにあるKEEN
海や川遊びをする方にオススメです。

足首下までしっかり覆うことで、安定感のあるサンダルに仕上がってます。

特徴的なのが靴底

登山靴と同じ硬めのラジアルソールにする事で衝撃や傷害からのダメージを受けにくい作りになってます。

Snow Peak

日本生まれのスノーピーク

小振りで精錬されたデザインが魅力的

 

フォールディングトーチ

スノーピークで発見したのが、オシャなガスバーナーです。

カウンターの握り寿司屋に行くと、ネタの表面を炙るために使っていますよね。

普段使いから想像すると、
肉や野菜の表面を焼くための物と思うかもしれませんが、
もう一つオススメの使い方があります。

炭の着火

バーベキューをする時に着火材や新聞紙を使ってませんか?
着火材や新聞紙に火をつけて、うちわで扇いで火を大きくしているのは面白い

欠点は、

  1. 火が回るまでに時間がかかる
  2. ススや灰が舞う
  3. バーベキューのたびに購入しないといけない

ということ
ガスバーナーを使うと上記の3点が解消されます。
高温のバーナーで焼くので多少湿気ってしまった炭でも火がつきます。

さらに燃えかすが少ないので、

周りがススで汚れたり、

火の子で服が焼ける心配も少ないですよ

オシャレな燻製器

お洒落なスモークマイスターに入れてじっくり燻製作りもしてみたい。

 

THE NORTH FACE

ノースフェイスのお店はとても広い!

二階建ての店内にはノースフェイスの服の他にカバンや登山アイテムまで網羅されています。

お手頃価格で気になったアイテムは、

分解できるボトル

プラスチックのボトルは軽くて柔らかくて持ち運びに便利ですね。

ただ洗えないという理由で使い捨てのものが一般的

そこのところに目をつけたのがこのボトル

胴が太いところを回すと開けられる構造になってます。

軽い・壊れにくい・清潔を求めるならコレっと思ったのですが、

同じような製品を調べていたらこんなアイテムも見つけました!

ALEX Bottle

ステンレスの水筒なのに真ん中から開けることができるんです。

自転車や車のボトルケージにもピッタリ収まるように作られています。

 

また、ボトルのど真ん中で2つに別れるため、

コップとしても使うことができます。

残念なのが、Yahoo/Amazon/楽天では取り扱っていないという事です。

現在販売しているのはrakunew.comだけです。

自分好みのアウトドアツール探しに昭島アウトドアヴィレッジはオススメ

都内から気軽に行けるアウトドアショップの昭島アウトドアヴィレッジを紹介しました。

アウトドア アイテムの特徴は、機能性重視の少量生産ものが多いです。

使うユーザーが少ない分、口コミで広がりにくいというのが弱点

その分、実物を見て触って使い方を想像することが大切です

昭島アウトドアヴィレッジは数あるアイテムから自分らしいアイテムを発掘する楽しみがあります。

Amazonがもっとお得になる

アマゾンでお買い物をする機会が多い人には、Amazonギフト券にするとお得です。
現金でチャージすると、チャージ金額×最大2.5%分のポイントがもらえます。

オルカ
オルカ
今なら、5,000円以上チャージすると1,000ポイントがもらえるキャンペーンをやってます!!

こんな記事もおすすめ